【シミュレーター】パイロットスキルの比較例

ソードストライク格に乗せるパイロットのスキルをどのような組み合わせにすれば、単機あたりでの与ダメを最大化できるか?

こんな時、シミュレーター「単機性能比較シート(攻撃回数、平均与ダメ)」を使用することにより、スキルの異なるパイロットを使用する場合の性能比較を行うことができます。

使い方を説明します。「計算シート」に以下のようにスキルを入力します。また、各編成の与ダメを比較できるように、機体攻撃力を揃えます。

シミュレーター上では、このように入力した5種類の機体+パイロットに対して、それぞれを単機で連合レイドと戦闘させた場合の攻撃回数、スキル発動率などを計算します。

PUT.jpg

入力が完了したら、「単機性能比較シート(攻撃回数、平均与ダメ)」に移動して、試行回数を入力(最大1000回)してから、単機性能解析ボタンを押します。

計算が完了すると、<解析結果>以下に結果が表示されます。

①最高および平均攻撃回数
②アクティブスキル(攻撃、回避)の実質発動率および不発率
③平均与ダメージ倍率・・・スキルが発動しない場合の1回あたりの与ダメージを1とし、1回の戦闘での与ダメがその何倍であるか表したものです。ただし豪傑などのいわゆるドーピングスキルによる増加分は含みません
④平均与ダメージ倍率(攻撃力アップ含む)・・・③に対して、ドーピングスキルによる増加分を含めた平均与ダメージ倍率を表します。
⑤平均与ダメージ(攻撃力アップ含む)・・・④に1回あたりの基本与ダメージ値(パイロット補正値を含めた機体の攻撃力の0.21倍)を掛けたものです。

OUT.jpg

この結果によると、ソードストライクに乗せるパイロットスキルは、
(ハウメア、回避、直感)の場合に与ダメが最大となり、以下
(ニュータイプ、回避、直感)≒(決死の覚悟、回避、直感)>(決死の覚悟、狂気、回避)の順に与ダメが低下し、
(決死の覚悟、狂気、豪傑)が5つの中で最低の与ダメージとなることが分かります。

なお、シミュレーターではドーピングスキルによる耐久力の低下は考慮していません。また、敵の攻撃を受けると一発で撃破されます。

したがって、本シートを(敵からの)1回の攻撃で撃破されない機体に適用する場合は、実際と結果が大きく異なる可能性が高いのでご注意ください。

テーマ : 機動戦士ガンダム
ジャンル : ゲーム

tag : ガンダムエリアウォーズ GAW シミュレーター

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
現在の閲覧者数: