【スキル】MAに有効な耐性ダウン

MA(モビルアーマー)と耐性ダウンの関係について検証しました。

MAとしてビグロを用いて、
①特攻②痛恨の一撃③意思の代弁者(フロンタル)④生き抜くための策謀(シーマ)
の効果を受けるか、進撃戦の強敵にて確認しました。
(デュエルガンダムアサルトシュラウドの「猛攻」については後日検証します)

以下、結果を説明します。

耐性ダウン効果を受けていない通常ダメージは、以下の写真の通り、75,414です。

まず、①の特攻については、当然ながら効果を受けませんでした。

MA1.jpg

次に、②痛恨の一撃が1回発動後のダメージは86,816(通常のほぼ1.15倍)となりました。(痛恨の一撃のスキル説明が、全タイプに…となっており、MAにも効果を与えることがここからも想像できます)

MA2.jpg

次に、③意思の代弁者について。このスキル説明は、全距離耐性をdown、とありますのでどうなるか。

ただし、フロンタルには信頼、カリスマもつけていますので、他の機体とも比較します。

まず、ザウート近の通常ダメージは12,002です。

MA3.jpg

次に、フロンタル(意思の代弁者、カリスマ、信頼)を使用した時のダメージは14,002(フロンタル不使用時の1.166倍)となりました。

MA4.jpg

さて、ビグロはどうか。フロンタルを使用した場合のダメージは88,217(フロンタル不使用時の1.17倍)となり、若干の誤差はあるもののザウート近と同じ耐性ダウン効果を受けていると思われます。

MA5.jpg

最後は④生き抜くための策謀です。このスキルの説明は、全耐性をdown、となっています。生き抜くための策謀のみで、他のスキルをつけていないシーマを使用しました。

この時、ザウート近のダメージは12,602(通常ダメージの1.05倍)となりました。

MA6.jpg

次にビグロのダメージは79,215となり、こちらも通常ダメージの1.05倍となりました。

MA7.jpg

以上、まとめると、
MAは、痛恨の一撃、意思の代弁者、生き抜くための策謀の効果を受ける

となります。
関連記事

テーマ : 機動戦士ガンダム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
現在の閲覧者数: