【進撃戦】攻撃力ダウンスキル

進撃戦限定強敵に有効なスキルである攻撃力ダウンの効果を検証しました。
結論を言うと、使い方によりますが、効果自体はなかなか大きいです。

攻撃力ダウンには足止め(大ダウン:発動率30〜39%)と恐怖(中ダウン:発動率20〜29%)の2つがあり、足止めは格闘機のみ、恐怖は中距離機のみに有効ですが、進撃戦では距離タイプに関係なく有効です。また、足止めと恐怖の攻撃力ダウン率は同じであることをバトル画面上で確認しました。

o0480021713793855549.jpg

攻撃力ダウンとは、つまり受けるダメージが減るということです。今回は足止めについて確認しました。確認したのはレベル195と240の強敵に対してです。

結果を以下にまとめます。基本的に足止めレベル10のパイロットを乗せていますが一部例外あり、後ほど補足します。

レベル195
足止め発動数0(通常)
受けるダメージ 723241

足止め発動数1
受けるダメージ 585814

足止め発動数2
受けるダメージ 448387

レベル240
足止め発動数0(通常)
受けるダメージ 1437380

足止め発動数1
受けるダメージ 1164226

足止め発動数2
受けるダメージ 891173

足止め発動数3
受けるダメージ 646826
(この時のみ、レベル10足止めが2回、レベルが7足止め1回発動しました。足止めはレベルによりダウン効果が異なるようです)

足止めが3回発動すると、受けるダメージが半分以下になるというのが素晴らしいところですが、20回程度確認して1回見ただけですので、確率的には低いです。

ともあれ、まとめると、
「足止め(LV10)が1回発動するごとに、通常のダメージに対して19%ずつ、ダメージが低減される。」
となります。

足止めの実際の使用例としては、下の写真のように、アタッカー、3倍機、N×3機とし、エース機には回避能力の高いパイロット、残りの4機には足止めを持つパイロットを乗せる、というものです。(ジーンには足止めを継承させました)

o0480028513793855558.jpg

アタッカーのジオングの耐久力は67万のため、HPは耐久力の85%であることから57万となります。したがって、レベル240の強敵に対して足止めが3回発動しても、残念ながら1回の攻撃で撃破されます。

現実には、足止めの3回発動率が低いため、耐久力が76万〜105万未満では、単なる指揮力の無駄遣いに終わる可能性が高いです。

一方1、2回であれば発動率はかなり高くなるため、例えばレベル240相手の場合、耐久力を105万〜137万(足止めを使用しない場合は169万以上必要)となるまで強化することで、以上の編成(指揮力107)でワンパン撃破できる確率が高まるのではないかと思われます。

続いて、足止めパイロットを4人使用した場合、足止めの発動回数別に確率を算出しました。ただし、スキルレベルは全員10としました。

計算式を以下に表します。Cは組み合わせ数を、nは足止めの発動数を表します(式の解説は割愛します)。
COMBIN.jpg
(誤)nC4→(正)4Cnです。失礼いたしました。

<足止め発動数ごとの確率(足止め4人)>
0回 13.8%、1回 35.4%、2回 34.0%、3回 14.5%、4回 2.3%

計算してみると、3回の発動率はそれほど低くないことが分かります。

次に、5人全員を足止めパイロットにした場合、
<足止め発動数ごとの確率(足止め5人)>
(計算式は、先ほどの式の4を5に変えたものです)
0回 8.4%、1回 27.0%、2回 34.5%、3回 22.1%、4回 7.1%、5回 0.9%
(四捨五入の関係で合計が1になりません)

0回の確率が下がり、3、4回の発動率が若干上がりますが、エースに足止めパイロットはさすがに不安です。

あとは、足止めと恐怖を持つパイロットを4人にすれば、発動率は当然上がりますが、恐怖はレズンのみが持つスキルなので、4人揃えるまでにはかなりの時間がかかりそうです。

以上をまとめると、果たして指揮力を増やした分に見合う効果(棒消費量の削減)が得られるか不明ではありますが、やってみる価値はあるのかなあ、というところです。

テーマ : 機動戦士ガンダム
ジャンル : ゲーム

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
現在の閲覧者数: